田舎の不動産を売却しました

地元の業者で納得の金額で売却できた

実際の売却額は430万円ほどでした。
100万円を超えて500万円以下の場合、印字税の税額は2000円です。
このように事前に税額を把握しておけば、どの程度のお金が手元に残るのかが分かります。
私が処分したいと思っていた物件は山奥にあり、利用価値がありませんでした。
そのため最初は買い手が見つかるかどうかも不安でしたが、無事に見つかってよかったです。
希望額よりは少ない金額になりましたが十分満足しています。
土地や建物を譲渡する場合派、予め地域の相場価格を調べておくとスムーズに取引ができます。
相場を確認したらプロに査定を依頼します。
私は地元の業者に査定を依頼しました。
買い手が見つかるかどうかも不安だったのですが、結果として430万円で譲渡できたのでよかったと思います。
やはり地元で活動する業者に買い手探しを依頼したのは正解でした。
地域のことを知り尽くした地元の業者に任せれば、スムーズに物件を処分することができます。
固定資産税がかかるだけで利用価値のなかった山奥の物件を処分することができたのでよかったです。

山奥の不動産を売却売却時に支払う税金面の確認は必要地元の業者で納得の金額で売却できた不動産の売却で得をしました

不動産売却不動産売却なら|【住友不動産販売】直営仲介